松岡蒲鉾 > 松岡蒲鉾のこだわり

松岡蒲鉾のこだわり

松岡蒲鉾の歴史

松岡かまぼこ店は、昭和29年先代松岡豊樹によって創業されて以来、二代目(娘の夫)猪野倍男の負けず嫌いな所が今日の松岡かまぼこ店を大きくしたのだと思います。

二代目は蒲鉾1本で農林水産大臣賞を5回も受賞しました。

材料のこだわり

松岡のかまぼこは、国産(土佐沖)エソを主体にしています。

素材へのこだわりは二代目の強いこだわりからあります。
かまぼこは魚の見分けによって決まります。

魚にも色々性質がありましてかたいやわらかいがあり捕れる場所にもよります。それをいかにまぜ合わせ、良い製品にするか日々努力しています。

職人のこだわりの製法

寒い日も手がはれる程冷たい氷の中に手を入れ魚を一匹づつさばきます。

さばいた魚は骨と皮をのけたら、ミンチにかけこまかい骨もくだきなめらかにします。うすにかけてすり身になります。一番大切な工程です。

製法のこだわり

職人の手で蒲鉾板に
1本1本ていねいにのせていきます。

すり身にしたらすぐ調理台に運ばれ、職人が1本1本手造りでつくっていきます。

当店は機械を使いません。
生独特の弾力感・ねばりがでないからです。

板にのせたら、
その場ですぐ蒸し焼きにします。

形になったら1回蒸します。そして焼き色をつけたら、すで巻いて(お寿司とかのまきす、蒲鉾用のまきすを使います)もう1回中に火が通るまで蒸します。それも時間を間違えるとダメになるので大変です。

  • 蒸し立ての蒲鉾の底を指でたたいて蒸しの状態を確認します。
  • ガスの炎で一気に焼き上げます
  • 出来立ての蒲鉾

数々の賞を受賞しました

農林水産大臣賞5 回受賞

お客様に新鮮な混じりけのない素材を提供し、昔ながらの製法にこだわり日々商品を提供してきた結果、農林水産大臣賞をはじめ、数々の賞を受賞することができました。

これからも今までと変わらずお客様に喜ばれる製品を作り続けていきます。

受賞履歴

大板蒸し焼きかまぼこ1本で

昭和53年 10月17日
農林水産大臣賞
昭和55年 11月10日
農林水産大臣賞
平成元年 10月24日
農林水産大臣賞
平成10年 11月14日
農林水産大臣賞
平成15年 11月08日
農林水産大臣賞

農林水産大臣賞5回受賞

サイト内検索

お店紹介

松岡かまぼこ店舗松岡蒲鉾店 店舗
高知の台所・大橋通に店を構え、長年地域の皆様に長い間愛され続けています。
松岡かまぼこ店舗 高知龍馬空港店松岡蒲鉾 高知龍馬空港店
高知龍馬空港でも新鮮な蒲鉾をお買い求めいただけます。高知のお土産にぜひ!
松岡かまぼこ店舗 高知龍馬空港店松岡蒲鉾 しまんとハマヤ店
四万十の方も松岡蒲鉾をお買い求めいただけます。毎日の食卓に!

ブログ

松岡かまぼこ店 Staff Blog

お客様の声

県外への発送に際し、よく店頭や電話で… 「送った先の方からお礼の連絡がないですが、ちゃんと期日に送っ…続きを読む

商品の発送について(よくある問い合わせ)

お客様の声>>